一般社団法人宮城インバウンドDMO

外国人旅行者誘致に向けて

~ 酒蔵ツーリズムで東北にインバウンド誘致 ~

August 23, 2018
180 views
約 6 分
~ 酒蔵ツーリズムで東北にインバウンド誘致 ~

宮城の酒造を巡る「酒造ツアー」販売開始!

書籍「会いに行ける酒蔵ツーリズム」8/24発売

株式会社VISIT東北(以下、VISIT東北)と、一般社団法人宮城インバウンドDMO(以下、宮城インバウンドDMO)は、宮城県への訪日観光客(インバウンド)誘致を目的に、「人に会いに行く旅」をテーマにした宮城県・岩手県南の「酒造ツアー」の販売を今年9月より開始いたします。
また、VISIT東北と宮城インバウンドDMOは、株式会社KADOKAWA(以下、KADOKAWA)と共に、日本酒と宮城の魅力を、携わる「人」と「ストーリー」を通して伝える書籍『NIPPON SAKE DISCOVERY 会いに行ける酒蔵ツーリズム 仙台・宮城』を8月24日(金)に出版いたします。

宮城インバウンドDMOは、東北へのインバウンド誘致を目的に、宮城県南13自治体の地域経済を活性化するための地域マネジメント観光組織として昨年3月に設立しました。そしてこの度、さらに地域に根差した魅力的な観光コンテンツを開発すべく、地元タクシー企業・旅行代理店と連携し、訪日観光客を対象にした「酒造ツアー」を造成、その販売を今年9月より開始いたします。「人に会いに行く旅」というテーマで、宮城県・岩手県南の酒蔵の日本酒を楽しめる「酒造ツアー」を実施してまいります。
これに併せ、宮城インバウンドDMOと、東北全体の観光振興を手掛けるVISIT東北は、KADOKAWAと共に、宮城県・岩手県南の日本酒及び地域の魅力を、携わる「人」と「ストーリー」を通して伝える書籍『NIPPON SAKE DISCOVERY 会いに行ける酒蔵ツーリズム 仙台・宮城』を8月24日(金)に出版いたします。
また、VISIT東北では自社の訪東北WEBメディア「tohoku365」内で東北の日本酒の魅力を伝える特設ページ「tohokuSAKE365」を開設し、多言語で世界への情報発信を行ってまいります。

本取り組みにより、東北全体のインバウンドを含む観光客の誘致と、それに伴う地域経済の活性化、および雇用創出を目指していまいります。

 

■「酒造ツアー」概要                          

販売開始: 2018年9月上旬以降、順次販売

対  象: 主に台湾・中国・欧米系の個人旅行客、国内外旅行者

内  容: 「人に会いに行く旅」というテーマで、宮城県・岩手県南の酒蔵の日本酒を楽しめる
「酒造ツアー」を地元タクシー企業・旅行代理店と連携し、造成・販売する

協力企業: 株式会社ツアー・ウェーブ、株式会社イーハトーブ東北、
株式会社インアウトバウンド仙台・松島、仙台中央タクシー株式会社

 

▼ツアープラン① 『宮城の海の幸堪能・伝統の酒蔵めぐり』 

内  容: 宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地域で1871年に創業した佐々木酒造店。東日本大震災からの復興の象徴である佐々木酒造の純米酒「閖」を堪能し、新鮮な海の幸が並ぶ「ゆりあげ港朝市」を楽しめるツアー。
(英語or中国語ガイド付)

行  程:  閖上日和山(ひよりやま)訪問、ゆりあげ港朝市、佐々木酒造店訪問 等

価 格 帯:  10,000~15,000円/人

販売方法:  中国・台湾人向け旅行商品販売サイトで販売予定

お問合せ: 宮城インバウンドDMO Tel:0224-87-8081

 

▼ツアープラン② 『一関・平泉伝統の酒蔵を巡る旅』 

内  容: 日本三大杜氏の一つ、岩手県「南部杜氏」。一関・平泉の蔵ごとに味わいが異なる美酒・   食文化を堪能できるツアー。

行  程:  <一関酒蔵巡り/日帰り>
一関「松栄堂」の和菓子作り体験、世嬉の一酒造・磐の井酒造見学、館ヶ森アーク牧場訪問

<一関・平泉の食文化満喫プラン/1泊2日>

猊鼻渓(げいびけい)舟下り、千厩酒の交流館訪問、磐の井酒造見学、古民家リゾート   「平泉倶楽部」にて宿泊、中尊寺・毛越寺観光、わんこそばランチ、世嬉の一酒造見学 等

価格帯 : <日帰りプラン> 9,500~14,500円/人 ※利用人数により異なる

<1泊2日プラン> 22,500~27,500円/人 ※利用人数により異なる

販売方法:  株式会社イーハトーブ東北の旅行商品販売サイト https://ihatovtouhoku.com/travel/

お問合せ: 株式会社イーハトーブ東北 Tel:0191-26-0015

 

■ 書籍概要                              

 

書籍名: NIPPON SAKE DISCOVERY 会いに行ける酒蔵ツーリズム 仙台・宮城

発売日: 2018年8月24日(金)

出版社: KADOKAWA

書籍形態: 単行本 192ページ

定   価: 本体1,500円+税

内容: 日本酒及び宮城の魅力を、携わる「人」と「ストーリー」を通してお届けします

<目次>

宮城の日本酒の歴史と特徴

酒蔵01 ~酒蔵13

コラム「そのまま飲むだけではない飲み方」

コラム「米・水・コウジ、酵母」

コラム「杜氏-日本酒にまつわる職業」

コラム「仕込み唄、口伝、祭り」

特徴別飲み比べ

酒蔵とともにまわりたい宮城の名所

宮城の日本酒が呑める店・買える店

宮城の日本酒と食べたい肴

宮城の日本酒を呑みたい酒器

私の好きな一本「地元の方が推薦する宮城の日本酒」

製作委員会: 株式会社VISIT東北、一般社団法人宮城インバウンドDMO、株式会社KADOKAWA

 

<参考> 「tohokuSAKE365」概要                                               

サイト名: tohokuSAKE365

URL: https://tohoku365.com/sake

公開予定日:  2018年10月1日(月) ※日本酒の日

内   容: 宮城県を中心とした、東北6県の日本酒・人・ストーリーを取材し、多言語(英語、繁体字、日本語)で情報発信を行う

 

 

▼報道関係者お問合せ

一般社団法人宮城インバウンドDMO

担当 齋藤               E-mail:info@miyagidmo.org

 

Most Viewed Posts